Tokyo Tokyo FESTIVAL

Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13

2020年3月1日(日)チケット発売!

『光の速さ -The Speed of Light-』

作・演出:マルコ・カナーレ

能監修:喜多流能楽師 佐々木多門

歌唱監修:宮内康乃(つむぎね)

楽器指導:菅野 由弘(作曲家・早稲田大学教授)

 楽器提供:茂手木潔子

音楽監督:フアン・バジャ・カサル

出演者:相沢栄子、今井輝己、今中陽子、小川麗子、小澤淑江、加治祥平、郡いづみ、櫻井せつ子、佐藤菊世、清水芳子、中川昌昭、鍋倉和子、習志野大吾、 原野稲津美、平林貴男、美影ふじ、山本春美 ほか

料金・チケット

前売・当日共通

  • 一般:¥3,000
  • 25歳以下:¥2,000(*1)
  • 高校生以下:¥1,000(*1)
  • 小学生以下無料(*2)
  • 障がい者手帳をお持ちの方は¥2,700および付添いの方1名無料(*3)

*1:当日受付にて年齢確認のできるものを要提示。

 *2:要保護者同伴。

 *3:障がい者手帳をお持ちの方は『光の速さ』公演事務局まで要事前連絡および当時受付にて障がい者手帳を要提示。 

公演日程

2020年
5月 9日(土)14:00
5月10日(日)14:00
5月13日(水)16:00
5月16日(土)14:00
5月17日(日)14:00
5月20日(水)16:00
5月23日(土)14:00
5月24日(日)14:00
5月27日(水)16:00
5月30日(土)14:00

会場

●第1ポイント(集合場所):渋谷ストリーム前 金王橋広場
●第2ポイント(経由地点):東京都世田谷区太子堂周辺各所
●第3ポイント(最終地点):太子堂八幡神社

※第1ポイントで集合後グループに分かれ、出演者の誘導のもと、異なる第2ポイントへ移動。第3ポイントで再び全グループが集合します。

チケット取扱:チケットぴあ

チケットぴあ TEL: 0570-02-9999(Pコード 499814) チケットぴあ店舗等でも直接販売。

2020年3月1日(日)チケット発売開始

※車椅子やベビーカーをご利用の方および鑑賞にあたって介助を必要とされる方は『光の速さ』公演事務局まで要事前連絡。

※公演中の移動経費はチケット料金に含まれます。

※移動を含む合計4時間程度のツアー型演劇となります。

 

ABOUT

光の速さ -The Speed of Light-について

アルゼンチンの演劇・映像作家マルコ・カナーレが手がける演劇プロジェクト。

公募により集まった東京在住の 65 歳以上の出演者と共に東京の街をめぐるツアー型演劇公演では、観客が出演者に導かれ都内の 3 つの地点を巡り、東京に暮らすシニア世代の個人史がパフォーマンスを交えて語られます。

あわせて東京でのリサーチをベースにマルコ・カナーレが書き下ろした、過去・現在・未来の 3 編で織りなすフィクションの物語を上演します。

ARTIST

©️El Chaski Pum

作・演出:マルコ・カナーレ / Marco Canale

演劇、映像作家。1977年生まれ、ブエノス・アイレス出身。都市を旅して周り、公共またはプライベートの、あるいは神聖な場所を訪れ、伝記、ドキュメンタリー、フィクションを通してその 土地のコミュニティと共に創作を行う。現在取り組んでいる最新作「The speed of light」は、高齢者の方々と共に、彼らの土地を舞台として、その個人史を深く理解し、彼らの未来を描くという記念碑的なサイト・スペシフィック・プロジェクトであり、これまでに、ブエノス・アイレスのFIBA (Festival Internacional de Buenos Aires)でクリエーションされ、現在ドイツ版 (Festival Theaterformen)および日本版Tokyo Tokyo FESTIVAL)の上演が予定されている。 その他、彼の作品は様々な国や文化圏で上演されており、エディンバラ・フェスティバル (UK)、 世界文化の家 (ベルリン)、Theatre Row (ニューヨーク)、 ヤング・ヴィク劇場 (ロンドン)、BAD Bilbao (スペイン)、Casa de América (マドリッド)、Cervantes Theater (アルゼンチン)にて発表された。

© 2020 光の速さ -The Speed of Light- .